赤宿 = Red Inn

素人の試行錯誤と2Dローグライク・ゲーム制作

On Mac

 ラップトップのMacさんを買った。高DPIと良質なUI / キーバインディングが特徴だと思う。自動変換が凄まじい高精度だったり、縦書きにできる軽量なエディタがあるのもありがたい。三点リーダダッシュの長音記号も、ショートカットで入力できる。

 WindowsでもLinuxでも放置される部分で先に進んでおり、評価されているのは最もだと感じた。目当てでは無かった部分(e.g. ショートカット)でも不便さが取り除かれており、ディテールが心地良い。自由だ‥‥。

 Winではウィンドウを最大化して使うのに対し、Macでは最大化せずに重ねて使うことが多い。違和感が無いのは、ウィンドウにフレームが無いためかもしれない。その他、同じマウスを使っても、なぜかクリックの感覚がWinと違うなど、革新的なデザインだった。いつからMacはこうなっていたのだろうか(!)。

 開発環境もMacに移した。環境周りは常にトラブルがあると思った方が良さそう。

 Macは単にUIを洗練しているのではなく、根本的な便利さを変えているように感じた。

 Macのウィンドウはニュルっとした動きで開閉するのだが、比べてみると、単純な拡大縮小よりも見栄えが良く、意識への割り込みも小さくて、視線の誘導も素晴らしかった。短いアニメの妙で、実に快適になっている。横に並べればそうと分かるが、自分で考え出せる人がどれだけいるだろう? これを考えられる人が一人チームにいれば、製品の質は全く変わってしまうだろう。

少し前のゲームには、UI関連のアニメーションが少なかったことを思い出す。ウディタ製ゲームのウィンドウの開閉が、当時はとてもリッチに見えた。あのモーションも、今では古くなっていたようだ。当時の感動を思えば、手持ちのアニメの古さは致命的に思うので、扱えるアニメのシリーズを更新したい。

 神話があるのは、MacではなくWindowsの方だった思う。ハードは確かに安いのだけれど、それ以外の「自由」はWinには無かった。