赤宿 = Red Inn

素人の試行錯誤と2Dローグライク・ゲーム制作

Getting Started

ハローワールドを言うために

 4万強円で、フルHD15インチのWindowsマシンを買った。スピーカと画面は悪いが、その他すべてが悪くない。コスパは10年で20倍に……

 追記: 購入から一年後、キーボードが壊れ始めた。ダメじゃん……

ダウンロード

  • Visual Studio
     PCL関係のソフトや、それっぽいソフトと一緒にインストールしておく(30GBほどになった)。なければPCL関係のプロジェクトを読み込めず、エラーが出る。VSをアンインストールするとPCL関係のツールも消えるため注意。VSとは分けてインストールすることもできるらしい。

  • Xamarin Studio (MonoDevelop)
     Windows版は更新が終わったため、使うべきではない。

  • VS for Mac
     という名になったMac版Xamarin Studio.

  • .Net Framework

  • MonoGame
     低レベルのマルチプラットフォームフレームワークNezが対応しているMonoGameをインストールする。対応していないver.のMGを使うと、ビルドは成功するが、実行時にエラーが出る

エラーは間接的に伝えられる: 〇〇が無い、〇〇がnullだ、など。

  • Nez
     海外の個人が作った2Dゲーム用フレームワーク(Docs)。MonoGame/FNAのPCLであり、MonoGame/FNAが対応している全プラットフォームで動く。

Nez-Samplesをダウンロードする場合

 Nez-Samples > Setupの指示に従う。

自分のプロジェクトを作る場合

VS (Visual Studio) の設定

 MGのテンプレートを引っ張ってくる。
 T4テンプレートの快適な利用?

Nezの設定

 自分のソリューションにNez.Portable内.dllへの参照を加える。Nez.PipelineToolはゲーム内では使用しないため、参照しない。

Pipeline ToolのSetup(必要ならば)

 Docsより

open the Pipeline Tool by double-clicking your Content.mgcb file and add references to PipelineImporter.dll, Ionic.ZLib.dll, Newtonsoft.Json.dll and Nez.dll.

 これは動画の、Nez - Getting Started - YouTubeの16:10からで解説されている。(拡大すればよく見える)

Be sure to set the Build Action to Content and enable the “Copy to output directory” property so they get copied into your compiled game.

Hello World

 Nez-Samplesを参考にしてゲームを作る。さあ始まりだ!